ヨーコせんせいの超ひとりごと

-

午前中の

アシスタントの仕事が今日終了です。
例年にはないスピードで(笑)

これには愚痴しか出ないけれど
子どもがいてこその仕事で
子どもがいないのだから 仕事にならない。

そんな時に、市から通知が来たようで
「小・中・高のお子さんをお持ちの方は
お子さんが休校になった手紙を添付し申請すると
特別休暇でお休みすることができます」

とのこと。
特別休暇は有給ですね。

早速高校の手紙を探すも出てきません。

だって、通信制の高校ですから。
元々家に居るんですから。

で、コロナに注意というような内容の手紙を
とにかく持っていったのです。
でも、結局認められず。

県内の普通高校に通っていた方は
県一律のお手紙でお休みできたようです。

・・・・なんか、それってどうなんですかね。

だったら、小・中だけにすればいいのに。
高校と一口に言ったって、今の時代様々な選択肢が
あるというだけのことなのに。

すごーく差別されている気がしまして
市長の手紙 に問題提起のメールを送りつけました(笑)

で、まぁ学校からは 何か仕事を用意するから
来ることは可能ですと言われたのですが
行くだけで1時間もかかる学校でしたから
雑用はあると言われても無給の休みを選択しました。

学校が休みになってから、1度だけ行ったんですよね。
でも、勉強は見ない・丸はつけない とか言われて
ほんっと~~に 居るだけ。

これが苦痛でならなくて。

だったら、家でクラブの仕事をしていた方が
100万倍マシ という結論でした。

行くだけでお金になるならいいじゃないか!
という人もいます。
なんだろー。でも私は本当に苦手です。
時間をとっても無駄にしている気がするのです。

見守りながら自分の仕事をしてもいいよ
PC持ち込みで

とか言うならまだ違いますが

ただ居るだけ(笑) 

うわー 無理だ・・・。

ただ、体育の授業をしに行っていた
違う学校には雑用をしに行っています。

①近い ②ちゃんと仕事を用意してくれる
③時給が高い

行くに値するところは続けられます。
仕事もちゃんとあります。雑用でもです。

一番は存在をきちんと認めてくれているところです。
「役に立てている」という気持ちで
続けることができます。

これって大切ですよね。

「ありがとうございます~」
「お疲れ様です~」

通りすがりに声をかけてもらえる。

存在していることを 
確認してもらえてると思うのです。

それがあるかないかで
「この職場の役に立とう」という気持ちが変わってきます。

こんなことくらいでも 人の気持ちは動くんですね。

家族でも、職場でも このような言葉がけ
すごく大切だと思います。
私の年代は当たり前のことだけれど
これが意外と 若い子ちゃんたちは
言えなかったりするんですよ。

信頼関係の構築ができませんよね。

クラブでは何でも決断しなくてはならない位置にいますが
学校で一番下の立場で動いていることこそが
すでに学びなのです。
超勉強になりますよ。

ペーペーを大事にできないトップは
ダメなんだな~と思ったり。
社員には厳しくとも、パートには優しかったり。
そういうの される側でたくさん学んでいます。

ほんと、一生勉強だなぁと思いますね。
スポンサーサイト



QRコード

QR