ヨーコせんせいの超ひとりごと

-

2時間練習

小学生になると2時間練習になりますが
戸塚で練習を始めた当初は
どうかなぁ~と思っていました。

大抵 1時間だもんねぇ。

1年生には辛いかなーとか思っていたけれど
その分ギアを落として じっくりやる ということが
しっくりくるようになりました。

それまでって、私が音楽を決めて
踊りを考えて
クラブに行って 伝えるだけ

みたいなとことがありましたねぇ。

じゃないと時間がなさすぎるからですねぇ。

でもなー。これって子どものやりたいことなのか?
とかも、長い年月で考えるようになり

この2時間練習が定着した時に
音楽も踊りも 極力子どもと一緒に
作品を作っていくという方向性にしていったら
なんか、いいんですよ(笑)

数年前からは学年別作品ということで
まとまりを小さくしながら
踊りとか曲とか 考えています。

曲に合わせて踊りを考える力の
成長も 感じたりしますねぇ。感慨深い。

私は小学生の3年間
ジャズダンスを習っていたわけですが
踊りは覚えているけれど

先生のこととか・・・正直あまり印象にないです。

顔とか名前は憶えているけれど
会話をしたことも なかった気がする。 

お姉ちゃんや幼馴染が一緒に通ってたから
それだけの理由かなぁ。
なんか、寂しいな(笑)

楽しかったんだとは思うけど・・・
強烈に印象に残っていることとかないな。

みんなには 新体操のこういうところ好き!とか
大人になっても残ってくれたら嬉しいなぁと思います。

せ、先生の顔は忘れてもいいよ(嘘

スポンサーサイト



QRコード

QR