ヨーコせんせいの超ひとりごと

-

素敵なおじいちゃん(笑)

高校時代

「関根勤さんみたいな人と付き合いたい」

と言っていた友人がいたけれど(笑)
見る目あるなぁ~と思った記事を発見。


娘の麻里さんによると

自分が小さいの頃の関根さんは「楽しさ貯金」を重視しており、

「小さい頃に楽しい思い出があると、大人になって大変なことがあっても、
楽しい思い出で乗り越えられる」

との考えを持ち、楽しい家族を作ってくれたとおっしゃっていたそう。


素敵すぎる!!!
「子どもにとって楽しいこと」だよね。

そして、その愛はお孫さんにも
全力で向けられているようです(笑)

こんなお父さん、おじいちゃん
めっちゃ楽しいだろうなぁ~。


日本昔話『桃太郎』の絵本を読んでくれたときは、
「『桃が流れてきたと思ったら、花咲か爺さんのおしりでした』みたいに、
面白おかしくアドリブを増やして、読み終わるのに40分かかっていた」こともあったという。


あははははっはははw

こういうの子ども大好きですよね。

楽しいって 笑顔だったり 明るさだったり

クラブもそんな雰囲気で
改めてやりたいと思いました(笑)

スポンサーサイト



QRコード

QR