超つぶやき

-

興味をもって理解する

最近、本当にテレビを見なくなった我が家です。
テレビはもはや有料動画用となっております。

コロナになってからなおさらかな~。
どうしてもネガティブなことしか
耳に入ってこなくて。

ニュースも天気もYouTubeやネットでも見られるし
起きていることを淡々と伝えるだけで
コメンテーターもいないし
ささっと見るにはいいよね。

そんな中、子どもが
「このYouTube面白いよ」
って教えてくれることが増えました。

やることが終わっているときは一緒に見るし
時間がなければ、あとで見るように努めます。

そうするとね、なんで子どもがYouTubeばっかり見ているのか
理解できるようになるんですね。

その後すっかり私も見るようになって(笑)

すると、共通の話題が増えるんです。

子どものころに 母と一緒に買い物に行って
「きゅうり持ってきて」と言われ持って行ったときに

母が「うーん」と言って、結局売り場まで戻り
母が選び直すということがありました。

これが・・・なんというかショックだった。
自分がいいと思ったものを 受け入れてもらえなかった
という気持ちになったから。

なんでしょ(笑)昔から繊細だったんですかね(笑)
(あぁ、母とはとっても仲良しですよw)

こういうことを覚えているということは
相当印象的だったんだと思います。

今、子どもと一緒に買い物に行ったときに
私も同じように「このお野菜取ってきて」と
言うことがあります。

「袋の裏も良く見て選んできて」って、
それだけを伝えて、持ってきたものを
「ありがとう」と無条件に受け取る。

なんなら「お野菜選びうまいわね~」とか
言ったりする。


子どもが面白いとかいいと思ったことは
まず見てみるということを私はしているのです。

結果、自分に合わなかったら正直に伝えます。
逆に面白かったら見続けます。

私が子どもだったら 嬉しいと思うのです。
自分がいいと思ったことを
いいと思ってくれたら。
思えなかったとしても、まず興味をもってくれた
という気持ちですね。

私が夢中で見ている海外ドラマを
子どもの方から「なにそれ おもしろそう」
と興味をもってくれることもあります。

子どもが見るものなんて とか
YouTubeなんて  とか
ゲームばっかりして とか

そんな固定概念は一度捨て
目の前の子どもがしていることや
話していることを受け止め、受け入れる。


「先生のお家は仲良しですね」

そう言っていただけることが多いのですが
共通の話題が多いからなのかもしれませんね。

子どもがいっちょ前の歳になると
会話が本当に面白いですよ。
ふふふっ♪
スポンサーサイト



QRコード

QR